少女終末旅行と項羽と劉邦と星新一と少子化と戦争と

0

     

     

    2018年も28日目ですね。

    あけましておめでとうございます。

     

    2017年は一昨年生まれた息子と、初めて四季を共にした一年でした。

    年末は少女終末旅行という作品(原作マンガ2017年秋にテレビアニメ化)にはまっておりました。

     

    結果、少子化こそが人類の進化なのではないか?

    という妄想を長々と語った文章を先程まで書いていたのですが、

    操作の誤りで一瞬にして消えてしまったので、結論だけかいつまんで書き直しておきます。

     

    妊娠・出産・育児は本当に大変。

    こどもが勝手に生まれてきて育てられてくる、人材なんて溢れてるという時代はもう終わり。

    年末、近所の大型ホームセンターが閉店し、人口が減っていくのは寂しいと実感したが、

    これは退化ではなく人が人をついに本当に大切にしなきゃいけないということに

    気付く進化の過程なのかもしれない。

    人が本当に減ってしまって、世界の最後を旅する二人の少女は

    わずかな生き残りと出会ったときも、誰とも戦わなかった。

    本当に人が減っていくって実感が生まれたら、きっと戦争はなくなる。

    残り少ない資源を大切に分け合って、最後の人類が幸せに滅んでいけるように残しておきたい。

    最後の最後は星新一の「最後の地球人」みたいになるんじゃないかな。

     

    だいたいこんなことをもう少し根拠を並べ連ねて語っていました。

    でも、こっちの方が短くて読みやすいかな。

     

    2017年のちゃんとした振り返りはまた別で。


    ばーたんは強し

    0

      2016.06.22

      ↑クリックで拡大します

       

      お久しぶりです。日記をブログに移しました。理由は時短です。

       

      さて、日記を休んでいる間に息子が1歳になりました。

       

      休んでいる間に保育園に通いだし、1歳の誕生日前日に胃腸炎にかかり、誕生日当日には私にうつり、実家に療養に行っては姉・父・伴侶へと次々と感染が拡大していくという日々を送っていました。

       

      そんな中、ばーたん(私の実母)だけは下痢も嘔吐も発熱もせず、つまり胃腸炎にかからず、ずーっと大人4人と、なりたての1歳児の面倒を診ていました。母親ってすごいなと心底思いました。自分も続柄上だけは母なんですけど、こんな名ばかり母とは桁違いでした。

       

      さすがに疲れがたまって終盤には喘息を発症させていたばーたんですが、それでも全く休まないのです。休まず買い物にでかけ、私と一緒に夜中も続く息子の布団にまで広がる粗相を処理し、熱が出た私の愚痴を聞き、息子をおんぶしながらご飯を作っていました。まさにスーパーばーたん。ちなみにばーたんの外見はノーブラに髪ボサボサです。鼻の下になんておじさんみたいに太い髭が何本か生えちゃってるような状態です。こういうところにかける労力を全て家族に注いでいる人なのです。

       

      そんなばーたんの活躍のおかげで、息子は2週間ほどで完治し、看病疲れから風邪へと移行した私たち大人の体調不良もようやく回復してきた昨今です。

       

      4月からの生活もちょっとご紹介。

       

      前述の通り、息子は保育園に通っています。一次募集で落ちたあと、執念の保活で二次募集に何とかひっかかりました。うちから自転車で往復45分です。いい運動になってます。途中一次で落ちた保育園を三つほど通り過ぎます。

       

      私は4月からまた高校で講師を始めました。金曜と土曜の週二日だけですが、慣れない環境なのでまだ結構体に堪えています。でも、以前通っていた学校よりは近いし、以前は中学生メインだったのが、今回は相手が高校生なので大声出して叱ったりしなくていいので非常に楽をしています。ひとつ、実技ではなくまるっと講義の授業を任されまして、そちらの準備は毎回大変なのですが、自分もろくに勉強しないできてしまった美術史を振り返るいいきっかけになっています。

       

      因みに授業内容は美術史ではありません。毎回美術にまつわるエトセトラから疑問を探す授業です。

       

      そんなわけで今の暮らしは

       

      月〜木 家でアニメーションやイラストの仕事
      金・土 学校で講師
      日   息子とべったり過ごす日

       

      という感じです。


      | 1/1PAGES |

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM