少女終末旅行と項羽と劉邦と星新一と少子化と戦争と

0

     

     

    2018年も28日目ですね。

    あけましておめでとうございます。

     

    2017年は一昨年生まれた息子と、初めて四季を共にした一年でした。

    年末は少女終末旅行という作品(原作マンガ2017年秋にテレビアニメ化)にはまっておりました。

     

    結果、少子化こそが人類の進化なのではないか?

    という妄想を長々と語った文章を先程まで書いていたのですが、

    操作の誤りで一瞬にして消えてしまったので、結論だけかいつまんで書き直しておきます。

     

    妊娠・出産・育児は本当に大変。

    こどもが勝手に生まれてきて育てられてくる、人材なんて溢れてるという時代はもう終わり。

    年末、近所の大型ホームセンターが閉店し、人口が減っていくのは寂しいと実感したが、

    これは退化ではなく人が人をついに本当に大切にしなきゃいけないということに

    気付く進化の過程なのかもしれない。

    人が本当に減ってしまって、世界の最後を旅する二人の少女は

    わずかな生き残りと出会ったときも、誰とも戦わなかった。

    本当に人が減っていくって実感が生まれたら、きっと戦争はなくなる。

    残り少ない資源を大切に分け合って、最後の人類が幸せに滅んでいけるように残しておきたい。

    最後の最後は星新一の「最後の地球人」みたいになるんじゃないかな。

     

    だいたいこんなことをもう少し根拠を並べ連ねて語っていました。

    でも、こっちの方が短くて読みやすいかな。

     

    2017年のちゃんとした振り返りはまた別で。


    | 1/2PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM